美の豆知識

リンパの流れ③

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

✩✩✩速攻痩身・くびれ・美脚専門✩✩✩

 

image

血管とは違う?!

 

血液と、リンパ液はそれぞれ全身をめぐり、最終的には心臓に帰ってきます。

では、どんな違いがあるのでしょう?

 

血液は、動脈を流れ、カラダ中の細胞に必要な 酸素や栄養素を届けます。

また、静脈を流れ、老廃物や二酸化炭素を運び出します。これらの流れは

心臓のポンプ機能によって循環されています。

 

リンパ液は、老廃物や異物の混入を防いだり、しみだした組織液を回収し、

タンパク質等の栄養素を取り込み、血管にもどす働きをします。

リンパ液の流れは、心臓に向かう一方通行となっています。血管と違い

リンパ管には自発的に収縮するポンプ機能があり、この機能によって、リンパ液

に流れを生じさせているのです。

ただし、心臓のように強い流れを作ることはできません。その上、リンパ管を流れる

リンパ液は血液よりも少ないので、流れはとてもゆっくりです。

 

通常 活動しているあいだは、リンパ菅のポンプ作用だけでは足りず、周囲にある

筋肉が収縮することで生じるポンプ作用が 重要になってきます。

 

1日の終わりに”足のむくみ”を感じる方が多いと思います。これは、リンパ管に回収

されるはずの組織液が、そのまま残ってしまったものです。

この滞ったリンパの流れを解消することで、栄養素が細胞にいきわたり、臓器の

働きが改善され、新陳代謝が高まり、健康美容につながります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加