美の豆知識

美肌を守る正しい紫外線ケア①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ紫外線の本格的対策を!!

☆速攻痩身☆くびれ&美脚専門☆
○o。.藤沢マリアボーテ.。o○

桜も咲き始めお花見のシーズン♪♪
日差しが強くなってくる中、お出掛け
の機会も増えるこれからの季節!!
気になるのが紫外線ですよね(。>д<) image

女性の肌を脅かす天敵「紫外線」。
シミやシワ等の肌老化の多くは紫外線によって引き起こされます。

今回は紫外線が肌に及ぼす影響を
理解して、正しい紫外線ケアを学びましょう(*^▽^)/★*☆♪

1,紫外線の種類を知ろう

紫外線は太陽から降り注ぐ
「太陽光線」の一種ですよね!!
波長の違いによってUVA、UVB、
UVCの3種類に分類されます。
UVCは地球を覆うオゾン層に
遮られるので、地上には届きません。

地上に届いて肌にダメージを与え
シミ、シワ、等の原因になるのは
UVAとUVBの2つになります(´д`|||)

2, 紫外線の肌の影響

UVAは紫外線の中で波長が長く、
エネルギーは強くないものの…
肌の奥にある真皮層まで到達し、
コラーゲンなどにダメージを与え、
たるみや深いシワの原因になります。

UVAは雲や窓ガラスを通過するため、雨の日や曇りの日、車内でも
肌に届いているので注意が必要です。

また、UVAは年間変動では5月、
8月にピークを迎えますが、基本的には1年間降り注いでいます。

さらに日内変動でもUVAは
12:00ごろにピークになります
しかし、朝や夕方でも多く降り注いでいるので注意が必要…!!(゜ロ゜ノ)ノ

UVAは1年中、朝から夕方まで
降り注いでいますので、しっかり
した対策が必要になりますネッ!!

日差しが本格的に強くなる季節の
前からピークを迎えるので春先からしっかりと日焼け止めを使用し!!
ガードしなければいけません。

一方、UVBはといえと
エネルギーが高く、多くはオゾン
層で吸収されるものの肌の表皮層に
作用して、赤くなる日焼けやシミ、
皮膚がん等の原因になります。

UVBはピークは
夏本番の7月~8月ごろ…(*´-`)

近年、オゾン層の減少で
増加傾向があり注意が必要です。

次のブログへ続く…(*´ー`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加