美の豆知識

その日焼け止め、大丈夫???

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

速攻痩身・くびれ・美脚専門サロン

紫外線の気になる季節になりました。

紫外線は、可視光線よりとても短い短い波長の不可視光線。

赤外線が物理的作用を起こすことに対して、紫外線の作用は科学的。

紫外線の作用って?

主な作用は、殺菌・ビタミンDを作る・血行代謝促進、それからシミやそばかすをつくること。

紫外線には3タイプあるって知ってた?

紫外線の波長によって作用が異なること、知ってますか?

まず、紫外線は一般的に UV といわれていますが

波長の長いほうから UVA → UVB → UVC といいます。

そして、このUVBまではお肌の中に潜り込むことができるのです。

このケア用品に 日焼け止め が使われるのですが、なんでもいいわけではありません。

数字が高ければいいわけでもありません。

生活紫外線によって肌の老化を予防したければ、きちんとしたケアを忘れずに。

紫外線カット指数を知って老化防止

紫外線カット指数は、よく日焼け止めに書いてあるSPFやPAのこと。

SPFはUVBによる日焼け防止指数。

だいたい30くらいがベスト。

海や山、一日アウトドアで楽しむ方は50はあっても大丈夫。

生活紫外線を予防するくらいなら30もあれば十分です。

そして、PAはUVAを防止するとても大事な指数。

これをよ~く予防しておかないと、シミ・皺・たるみ となるのです。

PAは+が多いほど有効。

日焼けはしたくないですが、日光を浴びることは私たちには大事です。

上手に日焼け止めを使ってみましょ♥

53782b052037845681f673f558b218cb_s

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加