特にオススメ記事

”骨盤底筋群”を鍛えて 、産後のお悩み改善!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「”骨盤底筋群”を鍛えて産後のお悩み改善!」〜なぜ産後に骨盤を整えた方が良いのか?〜

 

-shared-img-thumb-YOU_DSC_0834_TP_V

 

お母さんの身体は、出産時に赤ちゃんが産道を通りやすくする為、

“リラキシン”というホルモンを分泌し、筋肉や靭帯を緩みやすくします。

リラキシンは、妊娠7週目頃から分泌されはじめ、産後1ヶ月頃までずっと出続けます。

リラキシンの出ている間は関節が柔らかい為、“歪みやすい時期”ということです。

 

 

産後はホルモンの影響で、開いた骨盤は自然と元の位置に戻ろうとしますが、

赤ちゃんの抱っこや沐浴など、無理な姿勢でいる事が多いので姿勢も悪くなり、

骨盤も正常な位置へと戻る事が少ないのです。

 

何もケアせずに放っておくと、骨盤が少し広がったままで、

非常に不安定な状態になる場合があります。

(帝王切開の場合も、出産期の女性ホルモン分泌により骨盤が開きやすくなっています)

 

大切なインナーマッスル“骨盤底筋群”

 

“骨盤底筋群”は名前の通り、骨盤の底にある筋肉です。

女性の場合、肛門や尿道、膣を締める働きがあり、

この筋肉が衰えると、身体のあらゆる不調を引き起こします。

この“骨盤底筋群”を鍛えることで、お腹や背中、太ももに力が入るようになり、

身体の中心に軸ができ、骨盤の歪みも整ってくるのです。

それだけでなく、ポッコリ下腹部が引き締まってスッキリしたり、

ヒップアップ効果、背筋の通った美しい姿勢を保つことができるようになります。

そして、産後の女性の悩みの一つ“尿漏れ”も改善することができます。

 

こんなお悩みを持っていませんか? 

・出産後、ボディラインが崩れてきた

・産前に履けていたスカートやパンツがキツくなった

・体型・体重が戻らない

・抱っこしている時、腰や脚が不安定

・出産後、骨盤に違和感を感じる

・下半身がむくみやすく、脂肪がついてきた

・笑ったり、くしゃみのときに尿が漏れる

 

ピラティスで歪みを調整しながら産後のケアをしていきましょう♪

体験レッスンも承っています😊

お申し込みはこちら