ファステイング

知っているようで知らない”栄養素”について。⑤”ミネラル”と健康

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〜速攻痩身・くびれ・美脚専門  マリアボーテ〜

私たちが生きていく上で欠かせない大切な”栄養素”について⑤”ミネラル”と健康

五大栄養素の役割と、気をつけたいポイント

 

⑤ミネラル

ミネラルは、骨や歯などの体の組織を作ったり、神経や筋肉の機能維持、

体の調子を整えたりするなど、身体機能の維持や調整に欠かせません。

約100種類あるミネラルの中で、体に必要なミネラルは16種類と言われています。

その16種類が、人にとって不可欠な“必須ミネラル”と呼ばれます。

健康のためには、ビタミンと同じくらい大切です。

ビタミンと同じく体で作られないため、食べ物から摂取する必要があります。

maxresdefault

多く含む食品は、野菜果物海藻など。

多く摂りすぎると、高血圧や脳卒中など生活習慣病を引き起こす原因になりますが、

不足すると、骨粗しょう症や貧血、イライラしやすくなったり、血圧が上がりやすい、、

などを引き起こす可能性があります。しかし実はミネラルには、

摂るべきではない”有害な物”も存在するのです。健康を脅かすコワいことが。。。

身近に潜んでいる、”有害なミネラル”をご紹介します。

 

健康を脅かす”有害なミネラル”の危険性

水銀、鉛、カドミウム、アルミニウム。これらは摂るべきではない“有害ミネラル”で、

体内に蓄積していくと健康に悪影響を及ぼします。

かつて問題にもなったイタイイタイ病や水俣病。この有害ミネラルが原因なのです。

 

これらは、実は普段の生活でも多く摂取してしまっています。

水銀アルミニウムは、歯の詰め物や、予防注射などからも・・・

アルミに関しては、アルミ缶の飲料やアルミホイル・フライパン等のアルミを使用した調理器具など。

出来れば、身近で可能なところから、なるべく避けていきたいところです。

Foil-yaki

 

食品に含まれる”有害ミネラル”に続きます♪