ファステイング

知っているようで知らない”栄養素”について。⑦抗酸化!植物のパワー”フィトケミカル”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〜速攻痩身・くびれ・美脚専門〜

マリアボーテ

私たちが生きていく上で欠かせない大切な”栄養素”について⑦抗酸化!植物のパワー”フィトケミカル”

 

五大栄養素の役割と、気をつけたいポイント

⑦フィトケミカル

人間の生命維持に必要な栄養素には、

糖質 たんぱく質 脂質 ビタミン ミネラル

の5つがあるというお話をこれまでしてまきました。

これらは「五大栄養素」と呼ばれていますが、

最近では「第六の栄養素」として、前回のブログの⑥食物繊維が、

そして「第七の栄養素」として今回の”ファイトケミカル”が位置付けられ、

今とっても注目されています!!

 

ファイトケミカルとは?

ギリシャ語の植物を意味するファイト(phyto)=植物と、

ケミカル(chemical)=化学物質で、「植物性化学物質」のこと。

主に植物の色素香り成分アクなどに多く含まれており、

緑黄色野菜、淡色野菜など様々な野菜や果物から発見されています!

 

images

 

 

中でも注目したいのは「抗酸化力」!

自分で好きな環境へ移動できる動物と違い、動くことができない植物は、

太陽の強い紫外線による酸化や虫などの外敵から自らを守り、

過酷で変化の多い環境で生きていかなければならない為、

色、香り、苦味、渋み、辛みを持った化学物質(植物栄養素)を作り出し、

動物とは異なる強い抗酸化力抗菌作用などの自己防衛能力を授かりました。

 

 

これらの環境で育った、フィトケミカルを含んだ野菜や果物を摂取すると・・・

どうなるかもうお分かりですね?

 

 

 

「抗酸化」とは?体内で起こる”酸化”のおさらい

私たちの身体は、鉄がサビるのと同様に、放っておくと次第に酸化してしまいます。

酸化は、様々な病気や老化の原因とされ、ガンや認知症、

生活習慣病とも大きな関係があるといわれています。

 

これらを除去すること(還元)、つまり酸化を防ぐ抗酸化力は、

酸化の原因となる活性酸素をやっつけ、体の免疫機能を整えたり、

アンチエイジング健康維持などが期待できます!!!やったー!!

 

 

”フィトケミカル”を多く含む食材

例えば、赤ワインに含まれているポリフェノールや、

緑茶に含まれるカテキン、大豆に含まれるフラボノイド

ニンジンやカボチャなどに含まれるカロテン類。

果物では、

キウイ・バナナ・グレープフルーツ・マンゴー・ブドウ・スイカ・

オレンジ・パパイヤ・パイナップル、リンゴ・メロン、イチジク・梨・桃

などに多く含まれています。

その他にも、それぞれに働きかけてくれる食材がこちら♪

●抗酸化作用を持つ食材

赤ワイン・紫芋・赤シソ・緑茶・トマト・スイカ・

クランベリー・玉ねぎ、ニンニク

●発がん物質の抑制のある食材

ブロッコリー・キャベツ・白菜・ワサビ・マスタード・

ニンニク・ねぎ・大豆・スイカ・トマト・きのこ類

●免疫力を高める食材

キャベツ・ニンニク・ねぎ・クランベリー・きのこ類・

白菜・バナナ・ニンジン・海草類・白菜

スーパーで手軽に手に入れられる食材ばかりで嬉しいですね♪

red-wine-on-plate-871297272439bV0

まとめ

身近な食材を取り入れることでだけで、簡単にアンチエイジング!

これはもう、今夜の夕飯から早速取り入れるしかないですね!

身体にも優しく、そして若々しい身体を手に入れていきましょう♪