ダイエットのヒント

酵素がなぜ必要なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

♪速攻痩身・くびれ・美脚専門♪

image先日参加した『酵素栄養学』の勉強会でのお話。

なぜ私たちには酵素が必要なのでしょう?

最近は知っている方も多いと思いますが、酵素とはたんぱく質の一種で消化、吸収や燃焼、排泄などカラダの働きになくてはならない物質です。

例えば食べ物を消化吸収し、燃焼させ、排泄できるのは酵素のおかげなのです。

また皮フのターンオーバーや血液循環などあらゆる働きに関わる酵素。

酵素が不足するとすぐにカラダに現れてしまいます…

酵素が足りないと!

・疲れやすい

・肩凝り

・頭痛

・胃痛

・肥満

・便秘

・肌荒れ

・しみ、しわ

・アトピー、アレルギー

・生理痛、生理不順

・不眠

・冷え性  などなど様々な不調が引きおこります。

理想的な酵素の生成パターンは…

 

※潜在酵素(体内で生成できる)100 に対して

酵素 (生命活動に使用)50

消化酵素 (消化吸収に使用)50

 

※食物酵素(食事によって取り入れる) 100 に対して

消化酵素(消化吸収に使用) 50

 

多くの方が『飲んだ食べた=カラダに入った』と勘違いしてしまいますが

本当は摂取量×吸収量=体内量

となります。現代人は皆過食になっています。また生の食材をとる機会も減っています。

なので食物酵素からの消化酵素が不足してしまい、必然的に潜在酵素内の消化酵素に負担が増えてしまうというのです。

少し難しいですが、生の食材をとることは本当に大切です。

引き続き酵素についてまた書きたいと思います!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加