ダイエットのヒント

今私たちに必要な油とは…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
♪速攻痩身・くびれ・美脚専門♪
 a1180_007487_m

私たちは今必要な油と不必要な油どちらを多く摂っているでしょうか?

油は脂肪酸によって、いくつかの種類に分類することができるそうで…
動物性の脂に多く含まれるのは『飽和脂肪酸』。
植物性の油に多く含まれるのが『不飽和脂肪酸』と言います。
そして『不飽和脂肪酸』は構造の違いから
『オメガ3』『オメガ6』『オメガ9』とさらに細かく分類されているそうなんです。
現代人に不足している油は、この『オメガ3』と呼ばれる種類の油で、
オメガ3、オメガ6は、体内で合成できないため、食事から摂取する必要があるそう。

オメガ3を含むもの

サバ、イワシ(EPA/DHA) しそ(エゴマ)油、亜麻仁油

オメガ6を含むもの

紅花油、ひまわり油、コーン油、ごま油、大豆油、

加工食材(スナック菓子、カップ麺、マヨネーズ)

オメガ9を含むもの

オリーブオイル、ナッツ類、アボガド

 

どの油も、細胞の膜を構成するなどの働きは同じですが、体内での作用は正反対なのです。

例えば、オメガ6は細胞膜を硬くし、炎症を促進するのに対し、

オメガ3は細胞を柔らかくし、炎症を抑えます。

一般にオメガ6とオメガ3のバランスは1〜4対1が適切といわれています。
しかし、現代人のほとんどがオメガ6を大量に摂りすぎ、極度のオメガ3不足を引き起こしています。
オメガ6を過剰に摂りすぎた体は、心筋梗塞、アレルギー、
アルツハイマー、うつ病など、様々な病気を引き起こす可能性があるそうです。
私達は過剰なオメガ6を食事から減らし、不足したオメガ3を積極的に摂ることが必要ですね!

では、普段使う調理油には何を使えば良いのでしょう?

おすすめは『オメガ9』を豊富に含むオリーブオイルです。
オリーブオイルは、不飽和脂肪酸の中で最も融点が高く、加熱しても酸化しにくい油です。
でも、160℃以上でトランス脂肪が精製され始めるので、長時間の高温加熱には注意が必要です。
さらに、オリーブオイルは選び方にもいくつかのポイントがあります。
ラベルに『エクストラバージンオリーブオイル』と表記されたものを選んでください。
『ピュアオリーブオイル』や『オリーブポマースオイル』と表記されたものは、
科学溶剤などを使って抽出されています。
また、『エクストラバージンオリーブオイル』の中でも、
『コールドプレス』と表記されたものは、少しお高いですが、
製造段階で30度以上の熱を加えていない証明で、
体に良いオリーブオイルといえそうです。
ちなみに、油は光によって酸化が進むので、 遮光瓶に入っていることも大切なポイントですね。
これは、オリーブオイルだけでなく、植物油全般にもいえることです。

毎日使う油だからこそ、体のために良質なものを選ぶことが大切ですね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加