ダイエットのヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

♡マリアボーテ 美脚&くびれ専門♡

気温が上がり汗をかく季節になりました♫

普段何気なくとっている水分について考えてみましょう☆

体外に排出されるお水

①血液として体内を駆けめぐっていたり、細胞間を行き来したり、内臓や骨を作ったりして、常に動いています。
②息を吐くときに、肺から常に水分を出しているのです。ガラスに息を吹きかけると、ガラスがくもりますが、これは肺から息とともに出てきた水分がガラスについて結露したもの。水分が呼吸によって、1日に約400ミリリットルも失われています。
③体内の水分が皮膚表面に達し、1日約600ミリリットルの水分が蒸発するのです。合わせて1000ミリリットルもの水分が体から失われているのです。

④汗をかくことで水分が失われます。汗をかく量は周辺環境などによって大きく変動し、例えば1時間に1500ミリリットルもの汗をかく場合もあります。

⑤尿や便の排出があります。健康な人の尿からは約1200ミリリットル、便からは約100ミリリットルの水分が排出されます。

 

合計すると、少なくとも1日に2300ミリリットルもの水が体外に排出されていることになります。

 

体内が水不足に陥いらないように水分を回収する方法

①食事。ご飯やサラダ、肉、魚、みそ汁、スープなどなど、ほとんどすべての食事には水分が含まれているので、1日の食事から約600ミリリットルの水を補うことができます。

②体の中で食べものを分解しエネルギーに変えていますが、そのときの化学反応によって水分ができます。これを「代謝水」または「燃焼水」といいますが、この水が1日に200ミリリットル。

③1500ミリリットルの水を飲む

失われた水を回収することができ、体内の水バランスが整うのです。ただし、汗をかいた場合はさらに多くの水分を補う必要があります。

お水をとることが習慣化されるといいですね☆☆☆

-shared-img-thumb-PAK85_mizuwoireru1159_TP_V