ダイエットのヒント

糖質リスク型

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3つのリスク型
 ~その2~

糖質摂取リスク型・・・日本人の男性に多い

  • お腹周りから太りやすく、クビレができづらい
  • 腰周りに浮き輪肉がつきやすい
  • 脂肪を燃焼しにくい
  • 内臓脂肪が蓄積しやすい

これらからの特徴からもわかるように、脂肪の分解や、カロリー消費が苦手で
基礎代謝量が200Kcal少ないといわれています。
そのうえ 脂肪の分解とエネルギーの消費も苦手とされているので
代謝UPへのアプローチが必要です。
食べ方の工夫

<食べる順番>

  1. 野菜 (サラダ、和物など)
  2. タンパク質(お肉、お魚など)
  3. 糖質 (ご飯、パン、パスタなど)

ご飯、パン、パスタ、などに含まれる炭水化物。スイーツに含まれる糖質。
これらには特に注意が必要です。

ただし 炭水化物を全く取らないなどの極端なダイエットは、手早さはありますが
リバウンドの繰り返しで 太りやすい体質を作ってしまうことがあるので危険です。

ご飯なら、白米より、玄米や雑穀米。麺類なら全粒粉。お蕎麦がおすすめです。
栄養価もあがり、満腹感UPも期待できます。
また 魚介類や海藻、野菜やきのこ類、赤みのお肉を意識して摂ると良いでしょう。

朝食をしっかり摂ることで 朝から熱生産能力を最大限に発揮し カロリー消費を
効果的に行いましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加