ダイエットのヒント

背骨を動かして腰痛予防!ペタンコお腹で引き締め効果も♪〜基礎編〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〜速攻痩身・くびれ・美脚専門〜

マリアボーテ藤沢♥︎

本日は、ピラティスの基礎で、大切な呼吸法「胸式呼吸」を利用しながら、背骨を柔らかく腰痛の予防エクササイズと、ペタンコお腹を作る簡単なエクササイズをお伝えしていきます。
胸式呼吸の大切なポイントは胸式呼吸の利点   でもお伝えしていますので、宜しければもう一度復習してみてくださいね♩

胸式呼吸のやり方を参照しながら、エクササイズを行っていきます♪

 

〜それではSTART〜

まず、脚をマット幅ほど開き座ります。

このとき、骨盤が優香と垂直になるように座ります。

イメージとしては、

「骨盤の真上に肩」→「肩の真上に頭」がくるように座りましょう。

 

1、両手でももの後ろ側持ち、肩は上がらないようにリラックスします。

2、鼻から息を吸います。

ピラ1

 

3、息を吐きながら、骨盤を後ろに倒し、徐々に背中を丸めます。

背骨の一番下の骨から一個ずつ動かすイメージです。

ピラ2

 

4、息をたっぷり吸ったら、吐きながら、

今度は背骨の一番上の骨から丸めて戻ってきます。

最後に元のスタート姿勢に戻ります。

ピラ3

 

まずは10回から初めてみましょう♪

 

POINT!

●お腹を常にペタンコにしながら、背骨を動かしましょう!

●背骨の一つずつの動きを感じましょう!

 

期待できる効果♪

背骨や骨盤周りをたくさん動かすことで、腰痛の原因となる凝り固まった腰を柔らかくし、柔軟性のあるしなやかな背骨を作り出すことで、腰にかかる負担を分散してくれる効果があります。腰痛の方にもオススメのエクササイズですよっ☆

また、お腹をぺたんこにし続けることでウエストの引き締め効果も♡

 

少しの意識で変わってきます!!

テレビを見ながら、CMのときにでもやってみてくださいね♪

 

 

45日の痩身キャンペーンもおすすめ!!コチラから♪