ダイエットのヒント

水溶性食物繊維、便秘に良い野菜、果物のご紹介でーす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

♪速効瘦身 くびれ&美脚専門♪

〜藤沢 マリアボーテ〜

前回の続き、野菜の水溶性食物繊維が多い食材

1位 らっきょう 生

2位 エシャロット 生

3位 にんにく 生

4位 ごぼう 生

5位 枝豆 冷凍

6位 オクラ 生

7位 かぼちゃ 生

・・・

最下位 レタス 生

 

レタスにはガッカリ!食物繊維はかなり少ない

レタスってパリッとした食感だし、いかにも食物繊維が豊富なイメージですが水溶性食物繊維は最小記載量ギリギリ、レタス1個の重さが約300gなので丸々1個レタスを食べたとしても0.1gの水溶性食物繊維しか摂れていないことになります。不溶性食物繊維も含めた総量も少なめ。

ドリンクやサプリで「レタス◯個分の食物繊維」という宣伝がありますが、あれはインパクトの強い食材を使って商品をアピールするためのものだったんですね。イメージに惑わされないように注意しましょう。
でもサニーレタスはレタスの6倍の水溶性食物繊維があるので便秘対策の食べ物としてはサニーレタスを優先的に選んだほうが良さそうです。

ゴボウは筋っぽいけど水溶性食物繊維が豊富

ゴボウは固くて筋が多い食材でいかにも不溶性食物繊維のようなイメージですが、水溶性食物繊維の割合が高い根菜です。ゴボウはオリゴ糖も入った食材なので水溶性食物繊維とダブルの効果が期待で知るのもうれしい食材です。ゴボウはポリフェーノールをたっぷり含み、野菜の中でもトップクラスの抗酸化力をもっているのだとか。ポリフェーノールは皮の部分に多いので健康のことを考えるならゴボウは皮をむかずに食べましょう。

 

a0002_004879

次は果物!

1位 アボカド 生

2位 桃 ネクタリン 生

3位 パパイア 生

4位 いちじく 生

5位 キウイ 生

6位 マンゴスチン 生

7位 イチゴ 生

・・・

最下位 バナナ 生

 

水溶性食物繊維が豊富!健康・美容にもうれしい「アボカド」

アボカドの水溶性食物繊維が多いところに注目。

また、アボカドは油分も豊富な食材なので油分不足による便秘の解消にもつながります。また、アボカドには悪玉コレステロール値を下げるといわれる不飽和脂肪酸やビタミンE、グルタチオンといった抗酸化物質、生活習慣病予防に効果的なオレイン酸などなど、美容健康にうれしい栄養も入っています。
ただ、油分が多いのでカロリーは高め(186.9 kcal/100gあたり)良質な油なのでダイエットにも役立つと言われるアボガドですが食べ過ぎには注意。アボガド=果実=果物 なんだそうですよ。

バナナ1本食べても水溶性食物繊維はわずか0.1gだった!

便秘解消食材として有名なバナナですが水溶性食物繊維の量でみるとわずか0.1g(100g中)です。標準的な大きさのバナナ1本で100g前後なのでバナナ1本食べても0.1gしか水溶性食物繊維は補給できません。これではあまりにも頼りない。

でもバナナには腸にうれしい「オリゴ糖」が入っています。バナナはあらゆる食材の中でも優れたのオリゴ糖含有量を誇り100g(約1本)あたりのオリゴ糖含有量は300mg。オリゴ糖は便を柔らかくし善玉菌の活性化にも役立ち便秘解消の意味でも非常に優秀なものです。「バナナを食べたら便秘が治った」という方が多いのは「食物繊維」ではなく「オリゴ糖」のおかげなのかもしれませんね。

果物の水溶性食物繊維は意外と少ない?

水溶性食物繊維を補給するのに効果的な食べ物といわれる果物ですがアボガド意外の果物は全て意外と少なめ。ただ、これは果物は水分量が多いことも考える必要がありますね。モモやイチゴやメロン・・・よく考えればほとんどが水分です。そう考えると果物は水溶性食物繊維を補給するのに効果的といわれるのも納得。

「なかなか果物を食べる機会がない」というならドライフルーツがおすすめ。ドライフルーツならヨーグルトやシリアルと一緒に食べたりバッグに忍ばせて「小腹が空いた時にちょびっと」なんて使い方もでき手軽に水溶性食物繊維が補給できますよ。

 

バナナやレタスの食物繊維量の少なさには驚きですね!日本人は不溶性よりも水溶性食物繊維が不足している傾向があるそうなので、正しい知識で少しでも不足分を補う努力が必要みたいですね。

 

積極的に取り入れましょ〜♫

今こちらが大人気→マリアボーテ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加