ダイエットのヒント

逆効果もあります!便秘に良い水溶性食物繊維と不溶性食物繊維について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

♪速効瘦身 くびれ&美脚専門♪

〜藤沢 マリアボーテ〜

IS107112402_TP_V

 

突然ですが皆様、腸内環境は整っていらっしゃいますか?

お客様からも多く伺う便秘のお悩み…

水分、食物繊維の摂取、本当に大切なんです!

そこで便秘の時にこそ積極的に補給したいのが水溶性食物繊維!

逆に不溶性食物繊維は便を余計に詰まらせる事があるので摂り過ぎには注意が必要です。

でもどの食材に水溶性食物繊維が多くてどの食材が水溶性食物繊維が多いのか?ってご存知ですか?

プルプルしていたり、筋がなくて柔らかいものは「水溶性食物繊維が多い」

逆に筋っぽくてモゴモゴしたものは「不溶性食物繊維が多い」そんなイメージを持っていたら大間違い

水溶性食物繊維とは水に溶ける性質を持った食物繊維です。

フコイダンやペクチン、ムチンなどいろいろな種類がありゲル状になったりネバネバしたものが多いのが特徴です。

便秘の時に摂取した方がいいのはこの水溶性食物繊維です。

ゲル状・ネバネバといった性質から便が腸の中をツルリと移動しやすく、保水性も高いため便の水分量を増やしやわらかくするため便通の改善に役立ってくれます。

また、不溶性食物繊維に比べ腸内細菌に分解されやすく、腸内の善玉菌を増やす効果も期待できます。

そして日本人は水溶性食物繊維を大きく不足しているそうなんです…

日本人が標準的に摂取している食べ物では不要性食物繊維よりも水溶性食物繊維が不足していることが明らかになっています。

水溶性食物繊維の少ないお米(白米ご飯)を主食としていることが原因とも考えられています。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の理想のバランスは水溶性:不溶性 1:2です。

なるべくこのバランスに近づけるためにも水溶性食物繊維が多い食材は意識的に食事に取り入れていく必要があります。

不溶性食物繊維とは

水に溶けず、ほとんど消化されない食物繊維です。腸を刺激して蠕動運動(ぜんどううんどう)を促してくれる性質があります。

不溶性食物繊維は腸の中の有害物質や食べ過ぎた余分な脂肪分を絡めとって排出する働きがあるためダイエット効果も期待できます。

ただ、不溶性食物繊維は筋状でザラザラしている性質のためか、便秘の時に大量に摂取すると更に便が詰まってしまうこともあるのでその点は注意が必要です。

 

次回は野菜の種類をUPします!!!お楽しみに♡

 

今こちらが大人気→マリアボーテ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加