ダイエットのヒント

《腹式呼吸》と《胸式呼吸》どう違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の呼吸についてでお話した”呼吸法”ですが、呼吸法には2種類あります。

 

「腹式呼吸」と、「胸式呼吸」です。

 

その違いについてご説明したします。

 

腹式呼吸について

《腹式呼吸》は、ゆっくりと息を吸いながらお腹を膨らませる呼吸です。
そうすることで、、、

副交感神経が刺激され、身体の緊張が解けてリラックス状態になる。

リラックス状態になると関節が柔らかくなる。
その為、こちらは難しいポーズをとるヨガなどに向いている呼吸法ともいえます。

 

 

胸式呼吸について

一方で《胸式呼吸》ですが、


胸を前後左右に膨らませる呼吸
で、

 

見た目では、少し肩が動くような呼吸となります。

 

大量の酸素を一気に取り込むことが出来るため、、、

交感神経が刺激され、脳や身体が活発になり、筋肉が緊張状態となります。

その緊張を負荷として利用しエクササイズをすることが、より効果的なのです。

 

 

胸式呼吸では肋骨周りの胸の筋肉を前後左右に広げて、

 

肋骨を広げることで肺に空気を入れています。

例えば、ラジオ体操をするときの伸びやかな深呼吸。あれは胸式呼吸です。

 

バンザイをして、胸が大きく開くような、気持ちいい呼吸。

 

 

ピラティスでは”伸び感”も大切にしています。

 

78c44177da7e0c21c3c90865abc9d372_s
ちなみに、お腹や胸を膨らませる呼吸法とはお伝えしていますが、

 

酸素が入る場所はどちらの呼吸法もですので、お間違いなく♪

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加